日本舞踊 山村流 上方舞
山村若峯董芳恵プロフィール

  • 三歳で山村若峯董師匠に入門
  • 平成3年
    山村流四世宗家より
    若峯董芳恵の名を許される
  • 平成8年
    国立劇場主催「上方舞をまもる会」に出演
  • 平成11年
    東京国立劇場主催「明日をになう会」に出演
  • 平成12年
    「山村流ゆかた舞」を開講
    (以後毎年夏に開講)
  • 平成16年
    「峯風会」を結成、毎年舞踊会を開催
  • 平成17年
    四天王寺壽法寺本堂内にて
    地歌舞の会「わかもみぢ」を開催
    (以後毎年開催)
  • 平成18年
    創流200年の際 山村流「舞扇会」に出演
  • 平成21年
    第46回 なにわ芸術祭 
    日本舞踊協会関西支部 
    新進舞踊家競演会
    「地歌 越後獅子」 新人奨励賞受賞
  • 平成24年
    国立劇場主催
    「新進と花形による 舞踊・邦楽鑑賞会」に出演
    天満天神繁昌亭にて
    「桂春蝶バタフライエフェクト」にゲスト出演
    「第2回菊精会 筝曲地歌演奏会」にゲスト出演
  • 平成25年
    「30周年記念 上方花舞台~構成・演出
    植田紳爾~」に出演
    その他多くの舞踊会に参加し
    山村流若手舞踊家として活躍
  • 平成26年
    武庫川女子大学 生活美学研究所 
    平成26年度 秋季シンポジウム
    「阪神間ルネッサンスⅥ 燦めいて雅
    ー女流表現の美学ー」で講演
  • 平成27年10月
    NHK教育テレビ「にっぽんの芸能」に出演
  • 平成28年11月
    国立劇場開場50周年記念
    「舞の会 京阪の座敷舞」に出演

上方舞とは

日本舞踊 上方舞は江戸中期から末期にかけて検校(けんぎょう)・勾当(こうとう)という盲目の演奏家によって作られた土地のはやり歌・地歌が庶民の間で発展し生まれた舞「地歌舞」です。酒宴の席でも用いられたことから「座敷舞」ともよばれています。

山村流は地歌舞の四大流派の一つで、歌舞伎の振付け師であった山村友五郎を流祖とするためお能や歌舞伎からの作品も多く、大変格式高く品のある舞として知られております。